*問い合わせ *サイトマップ
インターネット通販辞典

日経225先物講座〜デイトレーダー必見

日経225先物システムトレードセミナー

株式投資セミナーDVD&ビデオ「デイトレーダー必見!日経225先物システムトレードセミナー」の販売ページ。現役ヘッジファンドマネージャー・青木俊郎(あおき としお)先生のセミナーをDVD&ビデオに収録したものです。以下、抜粋です。
株式投資というと、例えば、ライブドア、ソニー、トヨタといったような、個別の企業へ投資するのが一般的です。しかし、近年トレーダーの増加により、「日経225先物」といった商品に注目が集まりつつあります。
日経225先物というと、悪徳商品先物業者のイメージがあまりに先行するあまり、何の学習もしていない投資家も多いのが実情です。
しかし、株式投資と、日経225先物も、「安く買って高く売る」または、「高く売って安く買い戻す」ことにより、収益があがるということでは、その仕組みに大きな差はありません。
レバレッジ取引という点で、「先物は危険だ!」という意見もありますが、「10倍レバレッジがかかるため、資金を10分の1にする。」といった厳格な資金管理を行なって望めば、それは株式投資と大差ないものになるといっても良いと言えます。
また、個別株でトレードするよりも、先物でトレードする方に合理性があることもまた事実といえるでしょう。
・大口投資家の動向により、相場を左右されるリスクが低い
・流動性が高い
・過去の相場データを入手しやすい→徹底的な検証が可能
・突発的なニュースや材料により、相場が急激に変化することがない
・多数の相場参加者によって価格が形成されているため、テクニカル分析が機能しやすい
今回は、日経225の先物を実際にトレードするヘッジファンドマネージャーをお迎えし、日経225先物で安定的な収益をあげるために必要な、
・投資の行動心理学
・システムトレード
について徹底的にご講義頂きます。
現役のヘッジファンドマネージャーから学ぶ、
・相場に臨む上で非常に大切な“投資の行動心理学”
・システムトレードの実践方法と、その背景にある理論
は、私たちにとって計り知れないほど強力な武器となることでしょう。

講義内容
第一部 投資の行動心理学
1.相場はランダムウォークか? 2. 相場予測は当たるか? 3.誰もが知っているチャートは有効か? 4.投資家は買いから入る? 5.投資家は負けを認めたがらない? 6.トレードとは自分の心理との戦い 7.投資家の行動心理 8.なぜロスカットできないか 9.ロスカットの功罪 10.相場変動パターン
第二部 日経225先物システムトレード
1.マーケットの現状分析 2.マーケットの現状分析 3.リターン分析からみた相場の状況 4.シンプルなデイトレシステム 5.トレンドフォローシステムの構築 6.リターンの検証
第三部 Q&A

 

登録カテゴリ[株式投資・オンライントレード(stock)]


インターネット通販辞典 ご利用上の注意と免責事項について
当サイトの紹介文には、管理者自身、万全を期してはいますが、 誤解や記述ミス、その他情報が古くなっている等の 誤りが含まれている場合があります。そのため当サイトをご利用の際は、 最終的にはご自身の目で、リンク先サイトをご確認くださるようお願いします。 万が一、当サイトの利用により、トラブル・損失等が発生した場合、当サイト ならびに当サイトの管理者は一切の責任を負わないものとします。 ご了承ください。

Copyright(c) インターネット通販辞典 All Rights Reserved

インターネット通販辞典株式投資・オンライントレード(stock) > 日経225先物講座〜デイトレーダー必見