特集記事一覧インターネット通販辞典TOP

BTOパソコンとは?

BTOとはBuild to Orderの略。パソコンを購入する際、自分の好みや予算、使用目的など に応じて、CPUの性能をアップグレードしてもらったり、ハードディスク・メモリ 容量の増減、または周辺機器やサポートの有無などを選択することができる、いわば オーダーメイド・カスタムメイドの注文方式のことです。 例えば、パソコンショップや家電量販店でパソコンを購入する時、以下のように思ったことがありませんか?

これらを全て解決してくれるのがBTOパソコンというわけです。

BTOパソコンの元祖はDELL

今や大人気のBTOパソコンですが、その火付け役となったのはCMなどでおなじみのDELL株式会社。米国のパソコンメーカーであるDELLは、店頭販売を一切行わず、通信販売専門の パソコンメーカーとして、今やPCシェア世界1を誇っています。 電話やインターネットからの一人一人の注文に応じてPCパーツを組み立てた後、世界各地の (米国以外の)お客様の元に、パソコン届けるという、当時としては画期的なビジネスモデル で、世界ナンバー1のパソコンメーカーに成長したわけです。

パソコンを購入するならネット通販がおすすめ

もし今後あなたがパソコンを買い換えるなら、インターネットから購入することを 強くおすすめします。
なぜなら、

からです。

以前は自分オリジナルのパソコンが欲しいなら、自作するしかなかったのですが、 今はほとんどのパソコンメーカーがBTO注文が可能なため、別に専門知識がなくとも 自分オリジナルのパソコンを作ってもらうことが可能です。しかも自作パソコンと 違ってサポートや保証もしてもらえます。

ぜひあなたも次にパソコンを購入する際には、「とことん高性能のパソコン」を作ってもらったり、 「ノートパソコンのWEB限定オリジナルカラー」をゲットしたり、 あるいは 「余分な機能を省いた激安パソコン」を購入したりしてみませんか?

BTOパソコンはどこで買える?

BTOパソコンが買えるショッピングサイトには大きく分けて次の3種類があります。

  1. 大手国内PCメーカー
    NECや富士通などの大手PCメーカーも、直販サイトでBTO注文を受け付けています。大手メーカーならではのサポートと 安心感が特徴。ただし、他と比べて価格は安くはない。
  2. 外資系PCメーカー
    DELLやヒューレッド・パッカードなど。低価格&高品質が最大の特徴。ただしBTOパソコン の場合、海外からの輸入になるので、自宅に届くまで少し時間がかかる(ちなみに DELLの場合、注文から到着まで10日かかりました)。
  3. 秋葉原系パソコンショップ
    いわゆる「ショップブランドパソコン」を購入することができます。大手メーカーよりも 価格は安く、カスタマイズの自由度も高いのが特徴。自作パソコンは少し自信がない… という人向け。初心者の場合、サポートが多少心配かもしれません。

BTOパソコン購入の際の注意点

パソコン初心者の方には、「BTOパソコンと言ってもどうやって選べばよいか わからない」という人がいると思うので、参考までにいろいろと書いておきます。

・CPUはどれくらいが良い?
いくらでも構いません(笑)。CPUは、パソコンの処理速度を左右しますが、今の パソコンはどれも高速です。
例えば、車の場合、通勤やちょっとしたドライブに、時速300キロも出る スーパーカーが必要でしょうか?それと同じで、高速CPUは、 とことんパソコンの性能にこだわる人か、あるいは「プロ」にしか必要ないと 思います。

・OS選び
BTOで、Windowsパソコンを購入する場合、OSはHome Editionと上位モデルのProfessionalが選択できると思いますが、 Professionalは、Home Editionに比べてセキュリティ機能が強化されています。 一般の人はWindowsXP Home Editionで構わないと思いますが、もしビジネスでパソコンを 使う方で、重要なデータがPC内に保存してあったりして、「絶対に情報漏洩などが起こっては ならない!」という人はProfessionalも良いかもしれません。だいたいプラス8000円くらい でProfessionalにアップグレードしてもらえます。

・メモリは512MB以上がおすすめ
メモリは、よく作業机に例えられます。つまり机の面積が広いと、複数の本や辞書など を一度に広げることができるように、メモリ容量が大きいほうが、一度に複数の ソフトを起動することができる、ということです。
別に複数のソフトを一度に使わない、と言う人も念のため、メモリは512MB以上を選択する ことをおすすめします。店頭販売のパソコンなど では、メモリ256MBが多いと思いますが、BTOパソコンならいきなり512MBにアップしてもら うことが可能です。メモリは後で付けたしたいと思っても、付け足す時に、PCのケースを 開けないといけないため、PC初心者には、敷居が高いと思います。だったら、 最初から多めにしておいたほうが良い、と思います。値段も5000円くらいしか 変わりません。

・ハードディスクは適当で
ハードディスクは適当で構わないと思います。が、テレビ録画や音楽ファイルを大量に PCに保存して置きたい、と言う人は予算の許す限り多めにしておいたほうが良いでしょう。 しかし、ハードディスクはメモリと違って、外付けで後からいくらでも付けたしが 可能なので、購入する際には、それほどこだわらなくても良いと思います。

・保障期間はできるだけ長く
最近のパソコンはめったなことでは故障しなくなりました。が、2年、3年と使っていると さすがに故障する確率も高くなってきます。念のためにもできるだけ保障期間は 長くしておいたほうが良いでしょう。

BTOパソコンショップ紹介

  1. マウスコンピューター
    大人気の格安&高品質PCメーカー。24時間×365時間電話サポートあり。
  2. デルオンラインストア
    CMでおなじみ世界1パソコンメーカーのDELL。BTOパソコンの元祖。価格の割りには 高性能と評判。
  3. ヒューレットパッカード
    DELLのライバル。ノートパソコンのコストパフォーマンスに 定評があります。
  4. Lenovo
    DELL・HPに次ぐ世界第3位のパソコンメーカー。モバイルノートパソコン「TinkPad」を カスタマイズして注文可能。
  5. NEC Direct
    NECの直販ショップ。カスタムメイドPC「Gシリーズ」、ノートパソコンの限定カラー などが購入できます。
  6. 富士通
    富士通の直販ショップ。人気のFMVシリーズを自由にカスタマイズして注文できます。
  7. ソニースタイル
    ソニーの直販ショップ。VAIOノートやデジカメ、MPプレイヤーのWeb限定モデルが 購入可能。限定カラーもあり。
  8. ドスパラ
    秋葉原を中心に全国30店舗以上もある超有名PCショップ。自作パソコン・BTOパソコンを 販売。
  9. パソコン工房
    全国中に実店舗を持つ「パソコン工房」のオンラインショップ。 購入後のトラブルやアップグレードの相談が全国店舗で可能。
  10. フェイス
    秋葉原の自作パソコン・BTOパソコンの専門店。豊富なバリエーションのBTOパソコンを用意。
  11. ストーム
    秋葉原を中心に全国30店舗以上もある、自作パソコン・BTOパソコンの専門店。ストームは、 とにかく安いのが特徴です。
  12. ソーテックオンラインショップ
    格安PCメーカーの代名詞、ソーテックの直販ショップ。BTO注文に対応しています。
  13. エプソンダイレクト
    エプソンの直販ショップ。エプソンのパソコンは、低価格でありながらも、その品質には定評があります。
  14. ツクモ電気
    秋葉原のパソコンショップ。ツクモオリジナルのオーダーメイドパソコンが購入できます。
  15. BTOパソコン比較リンク集
    他にもいろいろあります。こちらにまとめてあるので、どうぞ。

Copyright(c) 2006 インターネット通販辞典 All Rights Reserved│免責事項